Monthly Archives: 10月 2013

WIN SCORE SHARE 1.03 のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード

Firefox 25のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード

改善内容:

  • NEW
    Web Audio support
  • NEW
    The find bar is no longer shared between tabs
  • CHANGED
    If away from Firefox for months, you now will be offered the option to reset it to its default state while preserving your essential information
  • CHANGED
    Resetting Firefox no longer clears your browsing session
  • DEVELOPER
    CSS3 background-attachment:local support to control background scrolling
  • DEVELOPER
    Many new ES6 functions implemented
  • HTML5
    iframe document content can now be specified inline
  • FIXED
    Blank or missing page thumbnails when opening a new tab
  • FIXED
    Security fixes can be found here

FFmpeg 2.1のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
提供元2サイトからダウンロード

FFmpeg(エフエフエムペグ)は動画と音声を変換することのできるUNIX系OS生まれのフリーソフトウェアであり、libavcodec(動画/音声のコーデックライブラリ)、libavformat(動画/音声のコンテナライブラリ)、libswscale(色空間・サイズ変換ライブラリ)、libavfilter(動画のフィルタリングライブラリ)などを含む。

SMRadius 0.1.0のダウンロード、

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード

「docker入門」コンテナーとイメージを操作するコマンドまとめ

1.起動中のコンテナ一覧を取得
$docker ps
$docker container list

2.指定したコンテナ名にマッチした一覧を取得
$docker container list -f “Name=<container_name>”
$docker container list -f “Name=<container_name_prefix>*”

3.停止中のコンテナも含めすべての一覧を取得
$docker ps -a
$docker container list -a

4.イメージをファイル出力
$docker save IMAGE > filename.tar

5.ファイルをイメージとして取り込む
$docker load < filename.tar

6.コンテナをファイル出力
$docker export CONTAINER > filename.tar

7.コンテナからイメージを作成
$docker commit CONTAINER REPOSITORY[:TAG]

8.URLを指定してイメージを取り込む
$docker import url REPOSITORY[:TAG]

9.ファイルからイメージを取り込む
$cat filename.tar | docker import – REPOSITORY[:TAG]

10.コンテナの標準出力
$docker logs CONTAINER

3DMark Vantageダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード

「Java入門」java.util.HashMap.containsKey()の使い方

1.Javaコード
import java.util.HashMap;

public class Contaa {

public static void main(String[] args) {
// hashmap作成
HashMap<Integer, String> ttmp = new HashMap<Integer, String>();

// 要素を設定
ttmp.put(1, “data 11”);
ttmp.put(2, “data 12”);
ttmp.put(3, “data 13”);

System.out.println(“key 1の要素: ” + ttmp.containsKey(1));
}

}

2.結果
key 1の要素: true

「java入門」java.util.Enumerationの使い方

1.javaコード
import java.util.Enumeration;
import java.util.Vector;

public class Enum22 {

public static void main(String[] args) {
Enumeration<String> md;
Vector<String> cft = new Vector<String>();

cft.add(“Sunday”);
cft.add(“Monday”);
cft.add(“Tuesday”);
cft.add(“Wednesday”);
cft.add(“Thursday”);
cft.add(“Friday”);
cft.add(“Saturday”);
md = cft.elements();

System.out.println(“結果下記:”);
while (md.hasMoreElements()) {
System.out.println(md.nextElement());
}

}

}

結果下記:
Sunday
Monday
Tuesday
Wednesday
Thursday
Friday
Saturday

OpenLDAP 2.4.37 のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
特徴:
slapd -LDAPサーバー側スタンドアロンプログラム
slurpd -複製デーモンプロセスを更新する
libraries ーLDAPプロトコルインタフェース·ライブラリの実装
管理ツールおよびクライアント
改善:

simplexml配列にオブジェクト

$xml =simplexml_load_file(‘Public/syn.xml’);
//ここで結果をプリントアウト
04
object(SimpleXMLElement)#20 (1) { [“server”]=> array(2) { [0]=> object(SimpleXMLElement)#26 (2) { [“server_name”]=> array(2) { [0]=> string(3) “777” [1]=> string(6) “123456” } [“server_ip”]=> string(13) “xxx.xxx.xxx.xxx” } [1]=> object(SimpleXMLElement)#27 (2) { [“server_name”]=> array(2) { [0]=> string(3) “888” [1]=> string(6) “123456” } [“server_ip”]=> string(13) “xxx.xxx.xxx.xxx” } } }
$json_xml=json_encode($xml);
$dejson_xml=json_decode($json_xml,true);
//ここで結果をプリントアウト
array(1) { [“server”]=> array(2) { [0]=> array(2) { [“server_name”]=> array(2) { [0]=> string(3) “777” [1]=> string(6) “123456” } [“server_ip”]=> string(13) “xxx.xxx.xxx.xxx” } [1]=> array(2) { [“server_name”]=> array(2) { [0]=> string(3) “888” [1]=> string(6) “123456” } [“server_ip”]=> string(13) “xxx.xxx.xxx.xxx” } } }

1 / 812345...最後 »