Monthly Archives: 8月 2014

RoboForm 7.9.9.1 のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
softpediaサイトからダウンロード
majorgeeksサイトからダウンロード

更新内容:

  • RF2Go + Firefox 31: Fix RF2Go does not work with Firefox ver 31 (official) and 32.
  • Firefox 29+: fix RF minidialogs do not appear when mousing over matching passcards button.
  • Firefox 29+: customization of RF toolbar position does not work in FireFox 29+.
  • Firefox: fix RF toolbar may disappear from Firefox after customization of its position.
  • Firefox: fix RoboForm may slow down Firefox popup menu appearing on top of large pages.
  • Chrome: fix Password request dialog in Chrome can appear not on top.
  • Chrome: fix picking up of RF data from RFO site does not work in Chrome.
  • Opera: fix RF Options->Browser Integration->Opera option disabled if old Opera was not installed.
  • Opera: fix RF installer does not detect Opera 23 installed in the system.
  • Fix Enable/Disable RoboForm command does not work in browsers.
  • Disable AutoSave/AutoFill on non-login pages of new RFO web site.
  • Form Filler: Take into account placeholder and defaultValue attributes when looking for captions.
  • Form Filler: Fire onChange event for selects.
  • Sync + OTP: Fix sync may finish with Unauthorized error when OTP is required.
  • Sync: RF may wrongly show warning about MP changing from other computer after sync.
  • Sync: create new account cia call to new RFO Server API.
  • Added User Interface in Hindi.
  • Compile RoboForm using Visual Studio 2012, upgrade from older version.
  • Import from Firefox: fix RF import does not import bookmarks from bookmarks toolbar.
  • Import from Windows Address Book: make up a valid contact name for a new contact.

 

概要:
すべてのログイン情報は同期により一元管理されます。
デスクトップパソコン、ノートブックパソコン、会社のパソコン、スマートフォン、タブレットPCなどなど、どこからでも自分のパスワード情報にアクセス可能です。
ワンクリックでフォームを記入。ロボフォームを使ってフォーム記入はアッという間に出来ちゃいます。

Free Download Manager 5.0.3048 Alfa のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
softpediaサイトからダウンロード
日本語版サイトからダウンロード

 

更新内容:

  • Stability improvements. A few more fixes are coming soon.
  • Fix: could not download certain videos from YouTube.
  • Enter key was not working in the “Add download” popup window.
  • Minor UI changes.

ディスクのスピードアップソフトGlarysoft Disk SpeedUp 5.0.1.53 のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
softpediaサイトからダウンロード
majorgeeksサイトからダウンロード

概要:

Disk SpeedUp はディスク内を高速にデフラグと最適化を行う無料のWindows用パフォーマンス最適化ツールです。小型かつ軽量な設計になっておりデフラグ、最適化実行時のコンピュータへの負担が少なく又処理速度が非常に高速です。
又、デフラグ・最適化の実行内容と実行日時をスケジュール化し自動的に実行させることも可能です。日本語化ファイルをインストールすることにより日本語化することも可能です。

解説サイト:donkichirou

プロセスを管理ツールProcess Lasso 6.9.1.9 Beta のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
softpediaサイトからダウンロード

更新内容:

  • Unspecified additions to facilitate new development work, to be announced soon
  • Fix case of some ProBalance events being logged regardless of log settings
  • Fix to Japanese resource module x64 build
  • Change logging when ProBalance ends due to process termination
  • Reduce max log size before rotating to new file (improves Lasso GUI load speed)
  • Adjust text associated with some log entry types
  • Update ParkControl to v2.1.8
  • Added safety check to see if system HOSTS file was modified by a crack or keygen. This is done to prevent updates of Lasso, but also blocks all access to Bitsum.com!
  • Extended checks for potential causes of activation failure
  • Improve GUI load speed when application icons are shown in the process listview
  • Minor adjustments and code improvements
  • GUI Minor cosmetic
  • Add note to update error about CryptoPrevent software blocking Lasso updates (should whitelist pl4sfx.exe)
  • Improve post-update code to better clean up deprecated modules
  • Removed PTBR and Hungarian languages
  • Update French

概要:
Process Lassoは、実行中のプロセスを監視することにより、自動的にCPUの割り当て優先度及びプロセス自体の優先度を調整する等の機能を有する高機能プロセスマネージャーです。つまりProcess Lassoを導入しておけば、難しい設定が不要でシステムのパフォーマンス及び安定性を向上させることができるというわけですね。

解説サイト:jpn-security

Google Chrome 39.0.2128.2 Canary のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
softpediaサイトからダウンロード

概要:

Chrome は、合理的にすっきりと配置されていてシンプルです。検索キーワードとウェブ アドレスは同じボックスから入力できます。Chrome は安全にウェブを閲覧できる設計。不正なソフトウェアやフィッシングからの保護、自動更新で常に最新セキュリティ適用など、安全性を強化しています。
Chrome を自分が使いやすいようにカスタマイズできます。設定の変更や Chrome ウェブストアからのアプリ、拡張機能、テーマの追加で、簡単に自分仕様に。

Mozilla Firefox 32.0 Beta 8 のダウンロード

ダウンロード:
提供元サイトからダウンロード
softpediaサイトからダウンロード
majorgeeksサイトからダウンロード

特徴:
Firefox は、あなたに合わせたカスタマイズが可能です。使わない機能は隠し、使うものだけ表示できます。
ベンチマークおよびパフォーマンステストで、他のブラウザと比較して Firefox は「スピードキング」であると称されました。 色々なことを素早く行え、時間を節約できます。

「ios開発」Swiftの列挙(Enumeration )の基本使い方

1.enumメソッド
enum SomeEumeration { // enumeration definition goes here }
enum CompassPoint { case North case South case East case West }
2.enum Planet { case Mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Nepturn }

3.列挙値をマッチングとSwitch文法(Matching Enumeration Values with a Switch Statement)
コード下記:
directionToHead = .South switch directionToHead {
case .North:
println(“Lots of planets have a north”)
case .South:
println(“Watch out for penguins”)
case .East:
println(“Where the sun rises”)
case .West:
println(“Where the skies are blue”)
} // prints “Watch out for penguins”
4.商品のバーコードの列挙を定義
enum Barcode { case UPCA(Int, Int, Int) case QRCode(String)

任意商品のバーコードの列挙を定義
var productBarcode = Barcode.UPCA(8, 85909_51226, 3)

コード下記:

let positionToFind = 9
if let somePlanet = Planet.fromRaw(positionToFind) {
switch somePlanet {
case .Earth:
println(“Mostly harmless”)
default:
println(“Not a safe place for humans”)
}
} else
{
println(“There isn’t a planet at position \(positionToFind)”)
} // prints “There isn’t a planet at position 9

「ios開発」CGImageRefとUIImageをお互いに変換するサンプルプログラム

1.CGImageRefからUIImage CGImageRefへの変換
コード下記:
iOffscreen = CGBitmapContextCreateImage(context);
UIImage* image = [UIImage imageWithCGImage: iOffscreen];
2.UIImageからCGImageRefへの変換
コード下記:
UIImage *loadImage=[UIImage imageNamed:@”comicsplash.png”];
CGImageRef cgimage=loadImage.CGImage;

「ios開発」iOSで文字列から一部分を取り出すサンプルプログラム

コード下記:
#import “NSString+StringToWords.h”

@implementation NSString (StringToWords)

– (NSArray *)words
{
#if ! __has_feature(objc_arc)
NSMutableArray *words = [[[NSMutableArray alloc] init] autorelease];
#else
NSMutableArray *words = [[NSMutableArray alloc] init];
#endif

const char *str = [self cStringUsingEncoding:NSUTF8StringEncoding];

char *word;
for (int i = 0; i < strlen(str);) {
int len = 0;
if (str[i] >= 0xFFFFFFFC) {
len = 6;
} else if (str[i] >= 0xFFFFFFF8) {
len = 5;
} else if (str[i] >= 0xFFFFFFF0) {
len = 4;
} else if (str[i] >= 0xFFFFFFE0) {
len = 3;
} else if (str[i] >= 0xFFFFFFC0) {
len = 2;
} else if (str[i] >= 0x00) {
len = 1;
}

word = malloc(sizeof(char) * (len + 1));
for (int j = 0; j < len; j++) {
word[j] = str[j + i];
}
word[len] = ‘\0’;
i = i + len;

NSString *oneWord = [NSString stringWithCString:word encoding:NSUTF8StringEncoding];
free(word);
[words addObject:oneWord];
}

return words;
}

@end

説明:
NSMutableArray
NSMutableArrayクラスは、NSArrayを可変としたい場合に使用します。
NSMutableArrayはNSArrayを継承していますので、NSArrayのメソッドはそのまま使用できる

2台CentOSサーバーをお互いにパスワード無しでSSHログインする方法

システム要件:
サーバーA、サーバーB
A:192.168.1.10
B:192.168.1.12
目的:SSHでパスワードを入力しなくてもログインできる

1.Server Aが公開鍵を作成
コマンド:ssh-keygen -t rsa
2.Server Aの公開鍵をServer Bにコピーする

cd /root/.ssh

scp ./id_rsa.pub root@192.168.1.12:/root/.ssh/authorized_keys

3.Server Bにauthorized_keysのパーミッションをチェックする, 644(-rw-r–r–)が必要です
chmod 644 authorized_keys

4.Server Bに接続するテスト
ssh 192.168.1.12

注意: Server Aのid_rsa.pubファイルコンテンツをServer Bのauthorized_keysにコピーする