Monthly Archives: 1月 2019

「Oracle入門」SELECTした結果をCSVファイルに書き出す方法

1.区切り文字を変更
SET COLSEP ‘,’
2.出力ファイルを指定
SPOOL C:\\cft\userinfo.csv
3.検索結果を表示
SELECT * FROM TEST_TBL
WHERE 条件;
4.SPOOLを停止
SPOOL OFF

Windows10にExcelシートをCSV出力する

1.出力したいシートを選択します。
2.「ファイル」–「エクスポート」–「ファイルの種類の変更」をクリックします。
3.「その他のファイルの種類」–「CSV(カンマ区切り)(*.csv)」をクリックします。

CentOS7.6に php5.6をインストールするメモ

1.リポジトリを追加
#yum install epel-release
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* epel: www.ftp.ne.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
パッケージ epel-release-7-11.noarch はインストール済みか最新バージョンです
何もしません
## yum install epel-release
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* epel: www.ftp.ne.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
パッケージ epel-release-7-11.noarch はインストール済みか最新バージョンです
何もしません

2.remi-release-7を追加
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-tmp.sYEDXp: ヘッダー V4 DSA/SHA1 Signature、鍵 ID 00f97f56: NOKEY
準備しています… ################################# [100%]
更新中 / インストール中…
1:remi-release-7.6-1.el7.remi ################################# [100%]

3.既存phpを削除
#yum remove php-*

4.php5.6 をインストール
#yum –enablerepo=remi,remi-php56 install php php-mysql php-mbstring php-gd php-pear php-mcrypt mod_ssl
中略
インストール:
mod_ssl.x86_64 1:2.4.6-88.el7.centos php.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi
php-gd.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi php-mbstring.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi
php-mcrypt.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi php-mysqlnd.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi
php-pear.noarch 1:1.10.7-4.el7.remi

依存性関連をインストールしました:
dejavu-fonts-common.noarch 0:2.33-6.el7 dejavu-sans-fonts.noarch 0:2.33-6.el7
fontconfig.x86_64 0:2.13.0-4.3.el7 fontpackages-filesystem.noarch 0:1.44-8.el7
gd-last.x86_64 0:2.2.5-5.el7.remi jbigkit-libs.x86_64 0:2.0-11.el7
libX11.x86_64 0:1.6.5-2.el7 libX11-common.noarch 0:1.6.5-2.el7
libXau.x86_64 0:1.0.8-2.1.el7 libXpm.x86_64 0:3.5.12-1.el7
libjpeg-turbo.x86_64 0:1.2.90-6.el7 libmcrypt.x86_64 0:2.5.8-13.el7
libtiff.x86_64 0:4.0.3-27.el7_3 libtool-ltdl.x86_64 0:2.4.2-22.el7_3
libwebp.x86_64 0:0.3.0-7.el7 libxcb.x86_64 0:1.13-1.el7
libxslt.x86_64 0:1.1.28-5.el7 libzip5.x86_64 0:1.5.1-1.el7.remi
php-cli.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi php-common.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi
php-fedora-autoloader.noarch 0:1.0.0-1.el7.remi php-pdo.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi
php-pecl-jsonc.x86_64 0:1.3.10-2.el7.remi.5.6 php-pecl-zip.x86_64 0:1.15.4-1.el7.remi.5.6
php-process.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi php-xml.x86_64 0:5.6.40-1.el7.remi
t1lib.x86_64 0:5.1.2-14.el7

5.バージョン確認
# php –version
PHP 5.6.40 (cli) (built: Jan 9 2019 12:34:16)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

CentOS7.6にsarコマンドを利用する方法

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)

1.sysstatのインストール
# yum install sysstat
2.sysstatの起動
# systemctl enable sysstat
# systemctl start sysstat
# systemctl status sysstat

3.使い方
3.1 採取間隔10秒
# sar -o testdata 10

3.2 メモリ使用量
sar -r -f testdata

3.3 ディスク
sar -d -f testdata

3.3 インタフェース
# sar -n DEV -f testdata

3.4 TCP
# sar -n TCP -f testdata

CentOS7に特定IPのSSHのみを接続許可する方法

1.SSHを削除
#firewall-cmd –permanent –remove-service=ssh

2.特定Pからの接続を許可
#firewall-cmd –permanent –zone=public –add-rich-rule=”rule family=”ipv4″ source address=”xxx.xxx.xxx.xxx” port protocol=”tcp” port=”22″ accept”

3.Firewall反映
#firewall-cmd –reload

CentOS7にzip、tar圧縮・解凍コマンドのメモ

1.tar圧縮コマンド
# tar -zcvf test.tgz fileA
# tar -zcvf test.tgz fileA fileB fileC

tar解凍コマンド
# tar -zxvf test.tgz

2.zip圧縮コマンド
パスワード無し
# zip -r test.zip fileA

パスワード有り
# zip -er test.zip fileA

zip解凍コマンド
# unzip test.zip

CentOS7にtmux基本操作コマンドメモ

1.新規セッションを開始
tmux
tmux new-session

2.セッションを一覧表示
tmux ls

セッションをデタッチ
[prefix] + d

既存セッションにアタッチ
tmux attach

3.セッション番号を指定
tmux attach -t (session番号)

 

CentOS7.6にPostgreSQLをインストールするメモ

1.インストール
#yum install postgresql-server

2.DB初期化
#postgresql-setup initdb

3.設定ファイルの編集
#vim /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
追加
listen_addresses = ‘*’

#vim /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
追記
local all all trust
host all all 127.0.0.1/32 trust
host all all ::1/128 trust

4.起動
#service postgresql restart

5.DB作成
psql -U postgres -W -c “CREATE DATABASE TESTDB”;

CentOS7にftpをインストールメモ

1.ftpインストール
# yum install vsftpd

2.vsftpd.conf編集
# vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf
#anonymous_enable=YES
anonymous_enable=NO

# ディレクトリメッセージを表示しない
#dirmessage_enable=YES
dirmessage_enable=NO

# ログの取得形式
#xferlog_std_format=YES
xferlog_std_format=NO

# ログのファイル名を指定
vsftpd_log_file=/var/log/vsftpd.log

# アップロード、ダウンロードを許可
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
chroot_local_user=YES

# リストアップユーザのファイルを有効
chroot_list_enable=YES
allow_writeable_chroot=YES

chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

# サービス名を指定
pam_service_name=vsftpd

# ユーザーをリストアップしたファイルの有効/無効を指定
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO

userlist_file=/etc/vsftpd/user_list

#tcp_wrappers=YES
tcp_wrappers=NO
#
# ローカルタイムを使用
use_localtime=YES

# ドットファイルを含める.
force_dot_files=YES

# Passive mode の使用を許可.
pasv_enable=YES

# パーミッション変更コマンドを許可
chmod_enable=YES
#
# vsftpdのルートディレクトリを設定
local_root=/var/www/html

3.chroot_listにユーザ名を追加
# vim /etc/vsftpd/chroot_list

4.user_listにユーザ名を追加
# vim /etc/vsftpd/user_list

5.自動起動設定
#sudo systemctl enable vsftpd.service

ポート解放
# sudo firewall-cmd –add-service=ftp

6.サービス起動
# sudo systemctl restart vsftpd.service

CentOS7にユーザーを設定するメモ

1.rootユーザーに切替
# sudo su – root

2.ユーザーとパスワードを設定する
# useradd yamadauser
# passwd yamadauser

3.ユーザーにsudo権限を設定する

## Allow root to run any commands anywhere
root ALL=(ALL) ALL
yamadauser ALL=(ALL) ALL

4.作成したユーザーに切替
# su – yamadauser

1 / 3123