「Ruby」pメソッドのサンプル

説明
シングルクォートを使わないでもタブ \t や改行 \n をそのまま表示してくれ、主にデバックに使用されます。
使用例

p("study skill in arkgame \n")
p(535)

p("study Ruby \t", 66)

cftArr = [13, 46, 79]
p(cftArr)

cft = {"name"=>"user002", "age"=>20}
p(cft)

実行結果
>ruby test1234.rb
“study skill in arkgame \n”
535
“study Ruby \t”
66
[13, 46, 79]
{“name”=>”user002”, “age”=>20}