Category Archives: PostgreSQL

「postgresql入門」演算子を使って文字列を連結するコード

SQL構文例
SELECT DISTINCT
T1.*
,T1.カラムA || ‘#’ || T1.カラムB  TESTCD
, T2.カラムC || ‘_’ || T3.カラムC TESTNAME
FROM
TEST_TABLE1 T1
LEFT JOIN TEST_TABLE2 T2
ON T1.ID = T2.ID
LEFT JOIN TEST_TABLE3 T3
ON T1.カラム1 = T3.カラム2
ORDER BY
, T1.xxx
, T2.xxx

[postgreSQL入門」特定スキーマにおける全てのテーブルを削除

①現在のスキーマの確認
select current_schema();

②スキーマを変更する
SET search_path = your_schema;

③CLIからスキーマ一覧の表示
\dn

④changfatunスキーマにおける全てのテーブルを削除する
drop schema changfatun cascade;

「Postgresql入門」RIGHT(LEFT) OUTER JOINでテーブル結合サンプル

1.RIGHT OUTER JOINでの外部結合

SELECT
T1.*,
T2.NAME NM_CFT
FROM
CARS T1
RIGHT OUTER JOIN COMPANY T2
ON T2.ID = T1.PRODUCT_ID
LEFT OUTER JOIN HOME T3
ON T3.ID = T1.PRODUCT_ID
AND T3.ID_MANAGE = T1.MANAGE;

2.LEFT OUTER JOINでの外部結合

SELECT
T1.* ,
T2.NAME NM_CFT
FROM
CARS T1
LEFT OUTER JOIN COMPANY T2
ON T2.ID = T1.PRODUCT_ID
LEFT OUTER JOIN HOME T3
ON T3.ID = T1.PRODUCT_ID
AND T3.ID_MANAGE = T1.MANAGE;

「PostgreSQL入門」テーブルの名前を変更するコマンド

1.テーブルにカラムを追加
ALTER TABLE テーブル名 ADD 追加するカラム名 カラムの型;

ALTER TABLE sample_tbl ADD introduction text;

2.カラムの名前の変更
ALTER TABLE テーブル名 RENAME 現在のカラム名 TO 変更後のカラム名;

ALTER TABLE sample_tbl RENAME introduction TO ctnintro;

3.カラムのデータ型の変更
ALTER TABLE sample_tbl ALTER addrName TYPE varchar(64);

5.not null制約の追加
ALTER TABLE sample_tbl ALTER addrName SET NOT NULL;

6.unique制約の追加
ALTER TABLE sample_tbl ADD CONSTRAINT ctn_unique_key UNIQUE (column_name);

「PostgreSQL入門」カラム型の変更、制約の追加方法

1.カラム型の変更
ALTER TABLE SAMPLE_TBL ALTER COLUMN S_NO TYPE VARCHAR(2)

2.制約の追加
ALTER TABLE SAMPLE_TBL ALTER COLUMN S_NO SET NOT NULL

PostgreSQLの外部キー制約を追加、削除する方法

1.追加
ALTER TABLE EMPLOYEE_MANAGE ADD FOREIGN KEY (USER_ID) REFERENCES USER_CFT(USER_ID)
ON
DELETE CASCADE;

2.表示
SELECT
*
FROM
INFORMATION_SCHEMA.TABLE_CONSTRAINTS
WHERE
CONSTRAINT_TYPE = ‘FOREIGN KEY’
AND TABLE_NAME = ‘EMPLOYEE_MANAGE’;

3.削除
ALTER TABLE EMPLOYEE_MANAGE DROP CONSTRAINT USER_ID

「PoStgreSQL入門」substr()で文字列の一部を取得する

SQL構文
select substr(‘1234’,0,3) as cft

postgreSQLの場合、結果:12
Oracleの場合、結果:12
MySQLの場合、結果:空白

「Postgresql入門」複合主キーを設定するサンプル

1.テーブルを作成する場合
CREATE TABLE PointUser(
— ユーザID
userid varchar(20),
— ユーザ名
username varchar(255),
— 登録日時
create_date timestamp NOT NULL,
— 更新日時
modify_date timestamp NOT NULL,
— 住所
address varchar(50) NULL,
PRIMARY KEY(userid,username)
);

2.作成済みのテーブルに複合主キーを設定する場合
SQL構文:
ALTER TABLE table_name
ADD PRIMARY KEY(coloumn_name1, coloumn_name2);

「PostgresSQL入門」dblinkでリモートデータベースで問い合わせを実行する方法

1.dblink_connectでDBに接続
SELECT dblink_connect(‘mycoon’,’hostaddr=127.0.0.1 port=5432 dbname=postgres user=postgres password=99999′);

2. BEGINコマンドの実行
SELECT dblink_exec(‘mycoon’, ‘BEGIN’);

3. データベース操作(update,insert,create等)
SELECT dblink_exec(‘mycoon’, ‘insert into tb1 select generate_series(10,20),”hello”’);

4. トランザクションのコミット
SELECT dblink_exec(‘mycoon’, ‘COMMIT’);
5. リモートデータベースへの永続的な接続を閉じる
SELECT dblink_disconnect(‘mycoon’);

Teiid Web Console 1.2をダウンロード

ダウンロード
提供元サイトからダウンロード

Teiid web console はTeildサーバーを管理、監視している。新バージョンではAudit/Command/traceログを有効するのを追加、いつくかのbugを修正

概要:
Deploying a VDB to a running server, and undeploy
Create and deploy a Data Source
Check translator property
Change deployed VDB configuration.