WindowsとLinux環境にTomcat JVMメモリを設定する方法のまとめ

1.LinuxでTomcat JVMメモリを修正
ファイル:catalina.sh
箇所:cygwin=falseの前
追加:
# OS specific support. $var _must_ be set to either true or false.
JAVA_OPTS=”-Xms256m -Xmx512m -Xss1024K -XX:PermSize=128m -XX:MaxPermSize=256m”
cygwin=false

2.WindowsでTomcat JVMメモリを設定

2.1 解凍版でインストールしたTomcat
ファイル catalina.bat
箇所 「rem Guess CATALINA_HOME if not defined
set CURRENT_DIR=%cd%」の後ろ
追加内容
set JAVA_OPTS=-Xms256m -Xmx512m -XX:PermSize=128M -XX:MaxNewSize=256m -XX:MaxPermSize=256m -Djava.awt.headless=true

2.2 インストーラー版でインストールしたTomcat
ファイル /bin/tomcat6w.exe