bash shell if構文

#!/bin/bash
#数式はtrueなら、then部分を実行する
#もし終了はifなら fiで書く
#if
# if …;then
# …
# elif …;then
# …
# else
# …
# fi
#通常で [ ] 条件でテストする、角形かっこ前後空欄を保存する
#復習してすぐ割り当て=符号で前後に空欄があることができない。
# [ -f”somefile” ] :一つのファイルかどうか
# [ -x”/bin/ls” ] : /bin/ls実行権限が存在するかどうか判断する
# [ -n”$var” ] : $var変数は値があるかどうか
# [ “$a”=”$b” ] : $aと$b等しいかどうか

if [ ${SHELL}=”/bin/bash” ] ;then
echo “your login shell is the bash (boure again shell)”
else
echo “your login is not bash but ${SHELL}”
fi

Comments are closed.