Ubuntuにvsftpdのインストール、設定するメモ

1.vsftpdをインストールする
$ sudo apt-get install vsftpd

2.設定ファイル
/etc/vsftpd.conf

2.1 コメントを解除する
write_enable=YES

ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

ftpd_banner=Welcome to blah FTP service

chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

ls_recurse_enable=YES

2.2 追記
local_root=/home/tomoprog/ftp_root
seccomp_sandbox=NO

3.vsftpd再起動
$ sudo touch /etc/vsftpd.chroot_list
$ sudo service vsftpd restart

「JavaScript入門」replace()でダブル(シングル)コーテーションを削除する

1.ダブルコーテーション削除
var strObj =”xxx”;
var strObj2 = strObj.replace(/[\”]/g,””);

2.シングルコーテーション、ダブルコーテーション削除
var strObj =”xxx”;
var strObj2 = strObj.replace(/[“][^”]*[“]/g,””);

「jQuery入門」モーダルダイアログを表示するサンプル

1.htmlコード
$(‘#testBtn’).click(function(){
$(‘#demo_dialog’).dialog(‘open’);
});
<div id=”demo_dialog”>
IT技術で世界を変わる
</div>

2.JSコード
$(“#demo_dialog”).dialog({
title: ‘jQueryダイアログのサンプル’,
dialogClass : ‘demoClass’,
resizable : false,
modal : true,
buttons : {
“はい” : function() {
//処理コード1
$(this).dialog(“close”);
},
“いいえ” : function() {
//処理コード2
$(this).dialog(“close”);
}
}
});

「JavaScript入門」slice()で文字列を切り出すサンプル

形式
文字列.slice(開始位置 [,終了位置] )

1.htmlコード
<button onclick=”FuncTest()”>文字列切り出し</button>
<p id=”ctn”></p>

2.JSコード
function FuncTest() {
var opStr = “12345789”;
var cutStr = opStr.slice(-3);
document.getElementById(“ctn”).innerHTML = cutStr;
}

3.結果
opStr.slice(-3); //789
opStr.slice(4); //5789
str.slice(5,-2) //7

document.getElementById(xx).optionsでoption要素を取得する

1.htmlコード
<select id=”nm” multiple size=”5″>
<option>項目1 </option>
<option>項目2 </option>
<option>項目3 </option>
<option>項目4 </option>
</select>

2.JSコード
// selectの全てのoption要素を取得
var changfa = document.getElementById(“nm”).options;

var str = “要素:”;
for ( var i=0,l=changfa.length; l>i; i++ ) {
if ( changfa[i].selected ) {
//処理コード
}
}

「Java入門」java.text.DecimalFormatのサンプル

1.javaコード
package sample;

import java.math.BigDecimal;
import java.text.DecimalFormat;

public class DecimalFormatDemo {

public static void main(String[] args) {
DecimalFormat fmt= new DecimalFormat(“#.#”);

// 小数点以下の最小値
fmt.setMinimumFractionDigits(1);
// 小数点以下の最大値
fmt.setMaximumFractionDigits(3);
BigDecimal suji = new BigDecimal(5005.123456);

System.out.println(fmt.format(suji));

}

}

結果
5005.123

「jquery入門」css(“visibility”)で要素の表示を判定する

1.$(“.item”).each(function()
{
if ($(this).css(“visibility”) == “hidden”)
{
// 非表示処理
}
else
{
// 表示処理
}
})

2.is(‘:visible’)
if ($(‘#foo’).is(‘:visible’)) {
// 表示処理
} else {
// 非表示処理
}

3.is(‘:hidden’)
if ($(‘#foo’).is(‘:hidden’)) {
// 非表示処理
} else {
// 表示処理
}

「jquery入門」hide()、show()で要素を非表示、表示する

1.hide()で要素を非表示する
htmlコード
<button>click</button>
<p>1234455</p>

JSコード
$(function() {
$(‘button’).click(function(){
$(‘p’).hide();
});
});

2.show()で要素を表示する
htmlコード
<button>click</button>
<p >987654321</p>

JSコード
$(function() {
$(‘button’).click(function(){
$(‘p’).show();
});
});

「postgreSQL入門」concat()で文字列を結合するサンプルコード

形式
concat(str1, str2 [, xxx])
引数(文字列)を結合する。

例1
SELECT CONCAT(ID, ‘ # ‘ || NAME) AS CFT FROM TEST_TBL;
結果
cft
—————
user001#山田001
user002#大崎001
user003#佐野001
user004#五田001

例2
SELECT
CONCAT(‘,’, TEST_TBL.*) AS CFT
FROM
TEST_TBL
結果
,(test01,data1,data2,xxxx)

「JSP入門」テキストボックス、ボタン内でンターキーを無効化する方法

1.JSPコード
<form name=”myForm” method=”post” action=”/Cft/Address”>
<input type=”text” name=”addr” />
<button type=”submit” name=”addrReg” id=”addrReg” onclick=”checkAddr();”>
登録
</button>
</form>

2.enterキーの入力を無効化する
1) テキストボックス
$(“input[name = addr]”).keypress(function (e) {
if (e.which === 13) {
return false;
}
});

2) ボタン
$(“input[name = addrReg]”).keypress(function (e) {
if (e.which === 13) {
return false;
}
});