Google Apps Script

構文
対象文字列.startsWith(検索する文字列)
文字列が指定した引数で始まっていればtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。

使用例

function myFunction ...

Google Apps Script

構文
const 連想配列名 = {キー1:値1,キー2:値2}
for (変数名 in 連想配列のオブジェクト){
処理コード
}
変数名は連想配列のキーを表示します。
配列名「キー」 ...

Google Apps Script

構文
for(初期化式;条件式;値増減式) {
if(条件式){
continue;
}
}
処理を繰り返す時に使用します
条件式がfalseになるとループ処理を終了します。 ...

Google Apps Script

構文
const 配列名 = ;
for (変数名 of 配列オブジェクト名){
処理コード
}
for文にofを使って配列の全ての要素を取得します。

使用例

function ...

Google Apps Script

構文
対象文字列.lastIndexOf(検索する文字列, 検索を始める位置)
文字列を末尾から検索して出現した位置(数値)を返します。
引数1は検索する文字列です。
引数2は検索を開始する位置です。 ...

Google Apps Script

構文
対象文字列.lastIndexOf(検索する文字列)
先頭の1文字目の位置は0です。
文字列を末尾から検索して出現した位置を返します。
引数1は、検索する文字列です。
該当の文字がないとき ...

Google Apps Script

構文
const 配列名 = ;
配列名.forEach(function (引数){処理コード
forEach文を使って配列の要素を順に繰り返します。

使用例

function myFunc ...

Google Apps Script

構文
対象文字列.indexOf(検索する文字列)
引数1は、検索する文字列です。
該当の文字がないときは-1を返します。
先頭の1文字目の位置は0です。
文字列を先頭から検索して出現した位置を ...

Google Apps Script

構文
対象文字列.endsWith(検索する文字列)
文字列が指定した引数で終わっていればtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。

使用例

function myFunction() ...

Google Apps Script

構文
対象文字列.replace (文字or 正規表現 , 置換後の文字);
指定した1文字を別の1文字に置換します。

文字列.replace(/\s/g, “”);
引数1 ...

Google Apps Script

構文
文字列.substring(文字列.length – 数値)
lengthで文字列の長さを取得して引き算します。
最初の1文字目の位置は0から始まります。
引数が1つの場合は、「開始位 ...

Google Apps Script

構文
文字列.trimStart()
文字列の先頭の空白を取り除きます。
使用例

function myFunction() {//半角空白あり const strA = " test 5845 "; c ...

Google Apps Script

構文
文字列.trimEnd()
文字列の末尾の空白を取り除きます。

使用例

function myFunction() {//半角空白あり const strA = "test 5845 "; co ...

Google Apps Script

構文
文字列.trim()
文字列の先頭と末尾の半角空白を取り除きます。
先頭と末尾以外にある空白は取り除きません

使用例

function myFunction() {//半角空白あり co ...

Google Apps Script

構文
文字列.substring(開始位置,終了位置)
引数1の「開始位置」から引数2の「終了位置」の前にある文字までを返します。
最初の1文字目の位置は0から始まります。
1つめの引数が2つめの引数よ ...